マンションを貸したい人へのアドバイス

物件を購入し結婚を機にリフォームして賃貸へ

駅から近い物件はよくありますが、築年数が浅い物件は少なく、価格面でも高い傾向にあります。
いくつかの不動産会社を使って情報を集めましたが、最終的にはタイミングがとても大切になる印象を受けました。
私の場合、物件探しをあきらめかけたときに出会いがありました。
建築から3年、最寄り駅から徒歩5分の物件で、価格的にも予算内におさまります。
すぐに購入手続きを始めたのはいうまでもありません。
その物件では自分で5年間生活して、結婚を機会として想定通り賃貸に出すことに決めました。
当初はそのままの状態で貸し出せるだろうと思っていたのですが、不動産会社に相談すると軽くリフォームしたほうが借り手が見つかりやすいとアドバイスがありました。

マンション貸したい。

— ヨネザワ (@Shio_Sugar) 2016年10月15日
そこで、リビングとキッチン周辺の壁紙を変更することに決めて、ある程度の出費がかかっています。
結果として、このリフォームは効果的だったと思っています。
もともと劣化の少ない状態でしたが、軽度であってもリフォームを済ませた情報があると借りてには魅力的に見えるようです。
予算が許していれば、トイレまたは風呂場にも手を加えたかもしれません。
このようにリフォームを行ったので、賃貸物件として情報を出せばすぐに借り手が見つかるだろうと考えていたのですが、実際にはそれほど甘くありませんでした。

将来マンションを賃貸に出すことを想定して物件探し物件を購入し結婚を機にリフォームして賃貸へ物件を手に入れる段階から貸すことを想定するのは大切マンションを貸したい時に選んだのは地元で実績が豊富な業者